正しく使ってきっちりニキビケア

ニキビ予防に肌荒れ治療、ニキビ跡を消すのにとニキビ跡化粧水は重宝しますが、正しい使い方をしなければ効果がイマイチになってしまいます。

そのためニキビ跡化粧水をはじめとしたニキビ・ニキビ跡に効くスキンケア用品を使う時には使い方にも気を付けるようにしましょう。

一般的な使い方としては洗顔をした後に化粧水を適量手にとって肌の保湿をするものですが、この時に以下のことに気を付けることでスキンケア用品の効果を最大限に発揮することができます。

化粧水をたっぷり使うのは実はNG

ニキビ予防やニキビ跡を消すためには何よりも肌の保湿が重要です。

そのため、肌に潤いを与えるためにニキビ跡化粧水ごとに儲けられた目安とされている量以上の化粧水を使う人は少なくありませんが、実はその行為にあまり意味はありません。

なぜなら、肌の中に浸透する成分にも限りがあるからです。

メーカーが設けた適量と言うのはこの肌に浸透する限度に近い量なので指定された分の量を使うのが一番効率が良いのです。

化粧水の量をしぶるのもNG

上述したこととは逆に「長く使いたいし特にひどい肌荒れ具合じゃないから量は抑え目にしよう」というのも控えるようにしましょう。

ニキビ跡化粧水は軒並み普通のコスメと比べると値段が高めに設定されていることが多いため、できるだけ長持ちさせたいと思う気持ちになってしまうのも無理はありません。

しかし、少量だと肌全体に浸透しませんし、必要な成分が患部まで行き届きにくいです。

つまり、適量を使わなければニキビケアの意味がないということです。

重ね付けは効果が無い

効果を高めるために一日の内に何度も化粧水をつける人も少なくありませんが、この行為もニキビケアにはまったく意味がありません。

パチパチと肌をはたくようにして化粧水を使うのはNG

化粧水をつけるときに、CMのように肌に強くこすりつけたり、軽く肌をはたくようにしてつける人がいますが、これらの行為は控えるようにしましょう。

なぜならこのニキビやニキビ跡を刺激するような行為はかえって症状を悪化させてしまう可能性があるからです。